HHKBからリアルフォースに戻りました

HHKB(Happy Hacking Keyboard)から RealForce(リアルフォース)に戻りました。

RealForce PFU limited edition

HHKBは独自のキー配列なので慣れが必要ということで、1回目は英字キーボードであまりにキー配列が違いすぎて2日持たずに撃沈、2回目は日本語キーボードにチャレンジして1ヶ月ほど利用しましたが、もともと使っていたリアルフォースに戻りました。

自分の場合は [Ctrl] + [Tab] キー、[Ctrl] + [Shift] + [Tab] キー、[Ctrl] + [A] / [X] / [C] / [V] キーを組み合わせて利用することが多いのですが、特に [Ctrl] + [A] キーが押しづらく感じていてどうにも解消できませんでした。

もっと長く使い続ければ解消できたかもですが。。

ただ、あまりにカスタマイズされた使い方になれ過ぎると、別のキーボードを利用したときの違和感が大きすぎるので、別のキーボード利用時の打ち間違いによるストレスもなかなかのものでした。
最初から分かっていたことではあったのですが、いざ体感してみると想像していた以上に来るものがありました。

リアルフォースは PFU Limited Edition を利用していたので、再びそちらを利用します。
もともと真っ黒なキーボードだったのですが、HHKBと一緒に買ったカラーキャップを付けてみました。

リアルフォースの不満があるとすれば、コードがない方がいいんですよね。
ない方がデスクがスッキリするので。

リアルフォースは無線にする計画があるような記事をどこかで読んだのですが、確か2年前とか3年前だったので、実現可能性が低いのかなあという気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA