QRコード作成サービスを作りました

QRコード作成サービスを作りました。
といってもそんな大それたものではないです。

  • URLに引数を追加するだけでQRコードを作成できる Google Chart API が提供されていて
  • Qiita で公開されているAJAXで動作するサンプルコードを利用した

ものなので、実質的にはほとんど完成していたものです。

あとオプションみたいな項目を追加して見た目を整えたくらい。

Qiita の記事はこちら – Google Chart API を使用したQRコード生成
https://qiita.com/sugino0708/items/f28c169a96f6e23a9791

作成したサービスはこちら – シンプルQRコードメーカー
https://freesoft-100.com/tool/qrcode-maker.html

シンプルQRコードメーカー

他のサービスは直感的ではないものもあるような気がしていて、なるべくシンプルなものがあるといいなと思っていたのが作成の動機です。

ちなみに今回利用した Google Chart API は2015年くらいに非推奨とされたもの。

Google Chart API のQRコードについて
https://developers.google.com/chart/infographics/docs/qr_codes

ということで、すぐ動かなくなるかもしれないのでデザイン等あまり凝っていませんが、よろしければお試しください。

スクリーンショット画像が表示されるように改善しました

各ソフトの紹介ページで、カメラアイコンをクリックするとポップアップで画像が表示されるようにしていたのですが、いちいちクリックしないと見れないのがわかりづらいとのご意見をいただいたので、クリックしなくても見えるようにしました。
対応したのが先月の25日なのでちょうど3週間前になりますが。。

テキストだけだと読むのに疲れてしまったり、カメラアイコンをクリックするということに気付かなかったり、読みにくく感じていた方にとってはわかりやすくなったのかなと思います。

カメラアイコンから画像表示へ

デメリットとしてはスクリーンショット画像を挿入することで縦に長くなってしまいました。
いままでどおりユーザーレビューを読みたかったり、ユーザーレビューを投稿したい場合には少し不便になった面もあります。
サイト上部には「ユーザーレビューを見る」、「ユーザーレビューを投稿する」リンクがあるので、こちらをクリックしていただければユーザーレビューの場所までスクロールされます。

こちらのリンクがわかりづらいかもしれないので気づいていない方が多かったかと思いますが、ぜひ試してみていただければと思います。

また、画面を広く表示することができれば、右側にある「↑TOP」アイコンをクリックするとページトップへ移動できます。
こちらももしご存じなければご活用いただければと思います。

Chrome の恐竜ジャンプゲームで試される集中力なのか根性なのか

インターネット接続がない状態で Chrome を利用していると表示されるのが「インターネット接続がありません」というこのページ。

インターネット接続がありません

このページでスペースキーか矢印キーの [↑] キー を押すと、恐竜がピョンと飛び跳ねてゲームスタートします。
インターネット接続している状態でも chrome://dino とアクセスすればプレイできるようになっています。
さらに最近になって(昨日、今日くらい?)ブラウザー画面全体でプレイできるようになりました。
chrome://dino でアクセスした場合のみ画面全体でプレイできます。

ゲームはいたってシンプルで、流れてくるサボテンや鳥(プテラノドン?)をジャンプして飛び越えていくというもの。

サボテンが流れてくるので・・・

流れてくるサボテン

スペースキーか [↑] キーを押すとジャンプ!

サボテンをジャンプ

鳥は上中下の3段階の高さで飛んできます。
鳥はすべてジャンプでかわすことができますが、中段のものはしゃがんでやり過ごすこともできます。

鳥をしゃがんでよける

たまに夜になります。

白黒逆転した世界

頑張ってハイスコアを目指しましょう!
徐々にスピードアップしていきますが途中から一定の速度で落ち着きます。

しばらくするとあまりの単調さに眠くなってくるかもしれません。
集中力や根性が試されているのでしょうか・・・???

ハイスコアを目指そう

ちなみに今回のスコアは7,280でした。
ラストはジャンプしなくてもいい鳥をジャンプしてかわしにいき、見事失敗してしまいました。

検索の裏技、テクニック的なもの

ちなみにその他の Google の裏技みたいなものはこちらにまとめています。
新しいものはないので知ってるネタばかりになってしまいますが。。

ベーシックな検索テクニックみたいなものはこちらにまとめています。
知らなくてもよいものばかりですね(汗)

ちなみに私がよく使うのは最後に照会しているフレーズ検索です。
“キーワード” とダブルクォーテーションでくくるものです。

ユーザーレビューに「参考になった」を回答できる機能を追加しました

昨日夕方くらいに、ユーザーレビューの下に「このレビューは参考になりましたか?」という項目を追加しました。

参考になりましたか?ボタン

参考になった、共感した、感心したなどの場合はぜひ「はい」ボタンをクリックしてみてください。

ひとまずPC版のみの機能で、モバイルについてはそう遠くないうちに対応します。
ちなみに、ボタンをクリックしてもすぐには反映されないようになっていますが、しばらくすると(結構時間がたつと?)反映されます。
数年前から本機能の導入を検討していたのですが、クリックすると別ウィンドウが開くというレトロな実装となってしまうので導入をためらっていましたが、ひとまず導入してから考えようということにしました。

2人が参考になったと回答

この記事を書いている段階で「参考になった」と2件の回答が寄せていただいたレビューがありました。

少しだけ改善しました

それと、ユーザーレビューのOS、投稿数表示まわりを少し変更しました。
また、今までプロフィール画像を変更しても反映されないページもありましたが、すぐに反映するように改善しました。
同時に、ユーザーレビューを投稿しても投稿数が増えないページもあったのですが、すぐに増えるように改善しました。

Google がMFIを導入するようです、ほか

Google がMFI(モバイル ファースト インデックス)というモバイルサイトをインデックス対象としてみるよ、という試みを行うようです。
現在フリーソフト100のモバイル表示では、機能や表示が限定的な部分も多かったので少しずつ改修しています。

各ソフトの紹介ページに目次を追加しました。
PC表示では目次が表示されていたのですが、モバイル表示では非表示だったので表示されるようにしました。

同時にスムーススクロールを採用したので、目次をタップするとスーッと移動するようになりました。
スムーススクロールはPCにも採用したので、PCでも目次をクリックするとスーッと移動してくれます。

スムーススクロール

PCの場合は画面を大きく表示すると画面右側にSNSボタンが表示されて、その一番下に 「↑TOP」 があるのですが、それをクリックするとページトップに移動します。
そのページトップに移動するのもスーッと移動するようになりました。
モバイルだと画面一番下の「PAGE TOP」がヘッダーに移動します。

いままでパッと移動するものだったものよりは、”移動している” という感覚があって良いのかなと思います。

ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート 2017 への追記

先日のシマンテックの「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート 2017」では、女優の内田理央さんもいらっしゃっていて当初は掲載していなかったのですが、本日画像を追加掲載したので良かったら見てみてください。
https://freesoft-100.com/plus/20180214.html

使っているソフト情報の更新

当サイトの作成、および開発環境で利用しているソフトについての情報を更新しました。
https://freesoft-100.com/about/about_site.html

あらためて見直してみると、斬新なものもなくてあまり面白みのないラインナップですが。。

PHP 7 を採用してページ表示速度が改善しました

PHP 5 で運用していたサイトから PHP 7 へバージョンアップしました。
体感的にもかなりページ表示速度がかなり上がったように感じます。

PageSpeed Insights で確認してみたのですが、トップページはスコアが 91 と以前の 85 から大幅アップしました(PCの場合)。

ちなみにモバイルのスコアは 81 でまだまだ改善の余地があります。

トップページ以外はPC、モバイルともに70~90らへんをうろうろしている感じです。